自転車で山、海へ行く

山、海、街、自転車、船、本のこと

BRM1003近畿200km川西(実走編)(2020/10/03)

始発に乗って川西池田駅までやってきた。約1年ぶりに輪行をしたので輪行袋に入れるのにかなり手間取ってしまった。改札を出て自転車を組み立てていると、後輪のタイヤが大分すり減っていて平らになっていることに気づいた。前日までに確認しとけよという話である。反省。詳しい走行距離は分からないが、タイヤを交換したのがいつだったか覚えてないくらいなので相当走ってると思う。Panaracer category S2という街乗り用のタイヤで1本2500円ほどであるが、パンクをした記憶がなく優秀なタイヤだった。ブルベ中にパンクしないことを祈る。

高専の友人(今後あだ名の“会長”と表記する)と合流し、受付場所の猪名川河川敷ドラゴンランドへ向かう。気温は半袖ジャージで少し肌寒いくらいだが、走る分にはこれくらいが丁度いいだろう。辺りには反射ベストを着たランドヌールの方々がぞろぞろ屯っており異様な光景である。受付を済ませてブルベカードを受け取る。

f:id:massto0421:20210526083218j:imagef:id:massto0421:20210526183016j:image

ここで会社の同期3人、K藤君、T尾君、K出君と合流し計5人で走ることになった。

8:00 猪名川河川敷ドラゴンランド スタート
先ずは箕面方面を目指す。初っ端から登りだがペースは緩々なので気持ちがいい。しかし、いきなりアクシデント発生。会長落車。ダンシング中に前輪が私のマドンの後輪に当たってしまったらしい。チェーン落ちとRDが少し内側に曲がってしまったので修正し再スタート。

9:13 忍頂寺

正直すでにどの辺を走ってるのか把握していなかった。初めて訪れるエリアで地理感に疎く、ナビに頼りながら走る。f:id:massto0421:20210526084800j:imagef:id:massto0421:20210526084842j:image
清阪峠を超えたあたりで少し休憩をとっていると、会長の職場の部長さんとばったり遭遇。「これから先の下りは急だから気をつけてね」と有難い助言をいただき発進。f:id:massto0421:20210526084755j:imagef:id:massto0421:20210526183055j:image

幅の狭い林道を進み、路面もやや荒れ気味になってくる。パンクが怖いなぁとビクビクしながら走っていたら、またもやアクシンデント発生。K藤君パンク。皆で協力してすぐに対応しロスを抑える。無事チューブ交換が終わり再スタート。f:id:massto0421:20210526084852j:image

10:00 中畑回転場

今回ひとつ目の写真ポイント。辺境のバス停に列をなすランドヌールの皆様。なんだこれシュールすぎる画だな。f:id:massto0421:20210526084823j:image

中畑回転場を過ぎてからは長岡京の市街地へと抜けるのだが、この区間でとんでもない激下りが待ち受けていた。おそらく先程、部長さんが仰っていた場所だと思う。それが善峯寺の九十九折。関西でも屈指の激坂だそうで、最大斜度は25%にも及ぶ。絶対に登りたくない。下るだけでも相当危険で、ヘアピンのたびに崖から落ちてしまいそうでヒヤヒヤする。引け腰になりながらスローペースで下った。肩が凝った。f:id:massto0421:20210526091449p:image

11:30 ローソン嵐山谷ケ辻子町店(PC1)

やっと補給できる。PCとなっているコンビニのレシートが実走証明書となるので忘れずに貰う。f:id:massto0421:20210526084803j:image

しばらく市街地を北上し渡月橋方面へ向かうが、信号が多くてなかなか思うように距離を稼げない。交通量も多くてストレスが溜まる。渡月橋はさらに混雑していた。反射ベストを着て自転車に乗るおじさん達の集団は渡月橋に来てからなお一層と浮いていて、道ゆく人々の視線が痛い。まぁそんな反応も楽しかったりする。f:id:massto0421:20210526084733j:image

続いて保津峡へと向かうため奥嵯峨の小道を登っていく。ようやく人混みを抜けられてホッとしていたが、登りの傾斜はだんだんとキツくなり、またもや本格的なヒルクライムが始まった。考えてみればスタートから登りっぱなしのような気がする。若干泣きそうである。走行距離は80kmほどでそろそろ足の疲労感を無視できなくなっていた。f:id:massto0421:20210526084744j:image

なんとか峠を越えたが、かなり脚にきた。同期3人はまだ余裕がありそうだが、会長がやや遅れ気味で辛そうな様子である。しかし時間もあまり余裕が無いので先を急ぐ。保津峡へ下っていると、後方でガシャァァン‼︎ と大きな音がしたので嫌な予感がし、引き返すと会長がコーナーで落車していた。幸いなことに大きな怪我はない様子で大事には至らなかったが、前輪のリムが歪んでしまっていた…。買ったばかりのレーシングゼロらしく、かける言葉が見つからない。とにかく今の状態では再スタート出来ないので会長はここでリタイアとなった。f:id:massto0421:20210526084837j:image

若干、重苦しい空気のなか次の写真ポイントへ急ぐ。保津峡は5年ぶりに来たが景色を楽しむ余裕が無い。下ってからすぐにまた登り始める。私は皆んなの最後尾を走り必死に着いて行った。

13:01 宕陰出張所前f:id:massto0421:20210526084710j:image

ようやく2つ目の写真ポイントに到着。次のPCの関門時間が14:04だが、あと20kmちょっとありかなりシビアになってきた。K出君を先頭にピッチをあげて爆進し始める。幸いなことに道は下り貴重でスピードは上げやすい。ただK出君の引きが容赦なくて着いていくのがやっと。千切れたら最後巻き返す力が残ってないと自覚していたので、何とかくらいつく。半泣きだった。途中、水の無くなったダム湖があって写真を撮る。おいおい時間大丈夫かよ笑
f:id:massto0421:20210526085140j:imagef:id:massto0421:20210526084715j:imagef:id:massto0421:20210526084728j:image

13:52 ファミリーマート北周山町店(PC2)

よほどしんどかったらしく写真が残っていない笑 K出君の先導のおかげで何とか10分前に到着することが出来た。後から聞いた話ではここのPCに間に合わずDNFとなった人たちが割といたらしい。正直ここでリタイアしたかったがそれでは会長に顔向けできないので、とりあえず行けるとこまで行こうと思えた。

幸いこの先は緩い登りがあるものの本格的なヒルクライムは無かった。ローテーションを組み全員で先頭を引きながら次のPCを目指す。

16:00 ローソン京丹波升谷店(PC3)f:id:massto0421:20210526084832j:image

この時点で50分ほどの貯金が出来て、気持ちにかなり余裕ができた。残りの獲得標高も1000m弱でようやく完走が見えてきた。やがて日が落ち始め辺りは暗くなり始める。f:id:massto0421:20210526084720j:image

最後のご褒美なのか、後半はずっとなだらかな下りが続き、道幅も広く走りやすい道が続いた。ブルベは走っていると、コース設定をした主催者の意図が見え隠れして面白い。これまで走ってきた道を振り返っても、誰が通るねん、と思うような林道や、善峯寺の劇下り、音を上げたくなるような登りの連続など、非常にバリエーションに富んでいて、ランドヌールに楽しんで欲しいという主催者の願いが汲み取れた。そして最後のこの下り。お疲れ様ですと言わんばかりの労いの道である。f:id:massto0421:20210526084724j:image

19:24 セブンイレブン川西矢問3丁目店(ゴール)

タイムは11時間24分。制限時間は14時間なので余裕があるように感じるかもしれないが、終始仲間と走っていてこのタイムなので、もし1人で走るとなると危なかったかもしれない。というかPC2で関門に間に合わず完走できなかった可能性が高い。改めて一緒に走ってくれたメンバーに感謝である。そして次こそは、会長も一緒に完走を果たしたい。それにしても、コンビニでゴールを迎えるというのはなんとも不思議な気分である。f:id:massto0421:20210526084847j:image

完走の記録をする為に、スタートのドラゴンランドへ。ブルベカードやレシート等と引き換えに完走メダルを頂いた!メダルを貰うのとか、小学校の卓球大会以来だよ笑

近くの温泉で疲れを癒やし、激動の11時間24分を振り返りながら帰路についた。f:id:massto0421:20210526084819j:imagef:id:massto0421:20210526084828j:imagef:id:massto0421:20210526084808j:imagef:id:massto0421:20210526184007j:image