茄子がままに

週末の山遊び、街遊び、自転車遊びのこと。ホームマウンテンは六甲山です。

ツールドしものせき(2022/03/27)

f:id:massto0421:20220622150929j:image

昨年6月に開催される予定だった「ツールド・ド・しものせき」はコロナ禍で延期になり、今年の3月下旬にようやく開催される運びとなった。前日に新幹線で下関入りし、唐戸にあるゲストハウス「uzuhouse」で前泊。屋上テラスから見渡せる関門海峡の風景は相変わらず綺麗である。

f:id:massto0421:20220622151018j:image

雨で濡れた荷物と自転車を預かってもらったあと、お昼ごはんを食べに下関から10キロほど北にある小月駅へバスで向かった。わざわざ小月駅に向かった理由は、駅の近くにある「わかさ食堂」のホルモンライスがどうしても食べたかったからである。しかしいざ店の前に着くと営業時間外で、すごすごと近くのたこ焼き屋に入店した。着いてきてもらった後輩のO君には申し訳ないなぁと思いながらアツアツのたこ焼きを頬張る。店主の趣味なのか、店内には聴き覚えのある沖縄の民謡が流れていた。店を出てからもその民謡がなんだったのか気になって頭から離れず、Apple musicで探しているうちに細野晴臣が歌っていた「安里屋ユンタ」ということが判りスッキリした。たこ焼きだけでは物足りなかったので、下関に戻ってから「岡本鮮魚店」という海鮮居酒屋に入った。クジラの竜田揚げ、アンコウの唐揚げという中々ふだんはお目にかかれない料理を頼み舌鼓を打った。そのあとは一旦ゲストハウスに戻り、今度は自転車で関門トンネルへ。ベタだが山口県と福岡県の境界で記念撮影するなど、下関のプチ観光を楽しんだ。

翌日は5時にゲストハウスを出発し、約10キロ先のスタート地点へ自転車で向かった。しんと静まり返った街中を走るのは気持ちがいい。うっすらと赤みを帯びた水平線を横目に、西岸沿いの道を走っていく。O君は着替えなどが入りパンパンに膨らんだリュックサックが重いと嘆きながらペダルを踏んでいて、私はその様子を見ながら笑っていた。

f:id:massto0421:20220513070715j:imagef:id:massto0421:20220513070740j:image
f:id:massto0421:20220513070708j:imagef:id:massto0421:20220513070750j:imagef:id:massto0421:20220513070743j:imagef:id:massto0421:20220513070807j:imagef:id:massto0421:20220513070726j:imagef:id:massto0421:20220513070705j:imagef:id:massto0421:20220513070747j:imagef:id:massto0421:20220513070722j:imagef:id:massto0421:20220513070711j:imagef:id:massto0421:20220513070736j:imagef:id:massto0421:20220513070757j:imagef:id:massto0421:20220513070732j:imagef:id:massto0421:20220513070718j:imagef:id:massto0421:20220513070729j:imagef:id:massto0421:20220513070803j:imagef:id:massto0421:20220513070754j:imagef:id:massto0421:20220513070800j:image