自転車で山、海へ行く

山、海、街、自転車、船、本のこと

六甲縦走キャノンボールランrainbowの部(2022/03/16,17)

5回目の参戦となる六甲縦走キャノンボールラン。縦走路を1.5往復するrainbowの部で念願の完走を果たせたのは、ひとえに今から述べる方々のご協力あってこそのものだと思う。たらたらと時系列に出来事を書いていっても退屈なので、今回は上に述べた方々に焦点を当てて記録を書こうと思う。

まずは1本目の宝塚〜須磨で一緒に走っていただいたUさん、Mさんのお二方。東六甲を走ってるときに、ペースが一緒ということもあって並走することになったUさんは長田区在住とのこと。キャノン初参戦ながらrainbowの部にエントリーしたと言う大胆ぶりは、その鍛え抜かれたふくらはぎから見てとれる実力を想像すれば納得である。Uさんはコーヒー好きなようで、走りながら元町商店街の喫茶店トークで盛り上がった。日本最古のコーヒー販売店といわれる「放香堂」の話をしたら、とても行きたそうな反応をしてくださり嬉しかった。意外なところで神戸学検定の知識が役に立つものである。Uさんからは「観音屋」のデンマークチーズケーキの感想を聞かせてもらった。レアでもベイクドでもない不思議な食感で、ぜひ食べてみて欲しいとのこと。自分も観音屋のことは知っていたが、まだ入店したことがなかったので近々伺おうと思う。

f:id:massto0421:20220408192620j:image

掬星台で小休止を挟んでいると、スタート地点で写真を撮ってくださったMさんが追いついた。そのまま流れで3人で走ることに。豊中在住のMさんのホームマウンテンは箕面なんだそう。次いでよく走りにいくのが六甲らしい。Mさんはあまり行かないそうだが、豊中在住であれば生駒山へのアクセスも良さそうである。トレーニング場所の選択肢が多いのはなんとも羨ましい。f:id:massto0421:20220408192707j:imagef:id:massto0421:20220408192657j:imagef:id:massto0421:20220408192648j:image

大会当日は夜勤明けのまま寝ずにスタートしたため、菊水山を下りてきたあたりで睡魔に襲われた。2週間前の試走の時も同じタイミングで眠気に悩まされた。UさんとMさんが前を走ってるのをいいことに、私は2人の背中と認識できる最低限の焦点を保ちつつ、半分寝ながら走っていた。鵯越駅の自販機でリアルゴールドを飲んでやっと目が覚めた。その後も、お二人が話しかけてくれたおかげで、須磨浦公園に着くまで睡魔に襲われることはなかった。妙法寺あたりのロードを走っている時、スタートして以来のお日様に、3人とも感嘆の声を上げたのは良い思い出である。

1本目(塩尾寺下休けい所ー須磨浦公園):8時間14分

f:id:massto0421:20220408193142j:imagef:id:massto0421:20220408193146j:image

流石に夜勤明けのままぶっ通しで走るわけにはいかないので、1本目を終えたら須磨浦公園で仮眠をとる予定でいた。予定通りザックからおもむろにシュラフとビビィを取り出し、須磨浦公園駅から少し離れたベンチで寝る体制に入った。しかし先ほどからパラついていた雨の勢いが増し始め、意識が朦朧としかけてきたあたりで、雨音によって起こされた。時間にするとベンチに横になってから30分も経っていない。本降りになってきた雨のなか、いそいそと就寝セットをザックに押し込んで駅の方へ避難した。駅には雨宿りしているNightspeedとPowerのキャノンボーラーでごった返し状態である。そういえば1本目を終えてすぐ2本目をスタートしたUさんは大丈夫だろうかと気がかりになった。雨はいよいよ激しさを増すばかりである。しかし雨雲レーダを見ると30分後に雨雲は去るようで安心した。

20:17 須磨浦公園出発

雨が上がったので2本目スタート。当初は仮眠をとったうえで21:00に出発する予定だったが、前述したように雨で寝れなかったため、時間を持て余した結果すこし早めのスタートになった。旗振山から須磨の海を見下ろすと、澄み渡る夜空に煌々と輝く満月が浮かんでいた。須磨の海面にはその満月が映し出され、いつにも増して神秘的な夜景であった。f:id:massto0421:20220507074609j:image

馬の背ではキャノンボーラーのヘッドライトが列をなしており、その光に照らされた花崗岩がぼやっと白く浮かんでいる。まるで鍾乳洞のライトアップの様でもある。f:id:massto0421:20220507074616j:image

菊水山では元アルバイト先で、今も付き合いのある自転車屋の店長とアルバイトのO君、常連さんのMさんの3人が、真夜中にも関わらず駆けつけてくださった。しかも牛すじ入りのカレーと蜂蜜レモンを差し入れで戴き、とてもパワーが出て有難かった。当の自分はというと、寒さと眠気であまり余裕のない状態であり、せっかく応援に来てくれた3人に対して誠意をもった対応が取れなかった。どんな場面であっても、人の優しさに対して感謝の気持ちを示せられる余裕を残しておくべきだと帰ってから反省した。ともあれ、差し入れでがっつり食事を取ったため体温も上がり、一番の難所である摩耶山の天狗道も力走できた。

深夜の六甲山上では強風に加えて季節外れの雪が舞っていた。キャノンボール当日は天気が荒れるというジンクス通りである。雪が降るくらいなので非常に寒く、薄手のウインドブレーカーの上からレインウェアを重ね着してなんとか寒さを凌いだ。f:id:massto0421:20220507105657j:image

2本目(須磨浦公園ー塩尾寺下休けい所):10時間58分

塩尾寺下休けい所では友人のRが待っていた。Rとは高専のころ一緒に何度か登山をしたのだが、なかでも2人で六甲全山縦走に初挑戦したときの記憶は今でも鮮明に残っている。須磨浦公園を朝早くに出発して、六甲山最高峰に着くころには日が落ち始めていた。ヘッドライトを持ってはいたものの、2人とも真っ暗な山道を歩く勇気がなく、すごすごとケーブルカーで下山した情けない撤退であった。Rは高専を卒業してからトレランを始めたらしく、今回のキャノンボールにも初参加する運びとなった。

2本目を走り終わった後の体力を考えると、3本目は頑張っても10時間代のペースでしか走れないだろう。そのためRと一緒に走りたい気持ちはあったが、足を引っ張ってしまうことになると思った。「飛ばしたくなったら先行ってなぁ」とRに伝えると、彼は私のペーサーとして走ると言ってくれたので、有り難くその提案に甘えることにした。彼のペーサーとしての走りぶりは素晴らしく、丁度良いペースで前を引っ張ってくれた。何より走りながら色々と喋りかけてくれたおかげで、極度の眠気に襲われることもなかった。六甲山上は昨夜の降雪によって霧氷が見られ、3月下旬とは思えない光景が広がっていた。

f:id:massto0421:20220508173145j:image

一軒茶屋前のエイドで味噌汁を、サードプレイス六甲さんでチーズパンスープを戴き、身体を温めながら六甲山上のロード区間をクリア。掬星台では唐揚げとビールでほろ酔い気分に。キャノンボールはいつも私設エイドの充実ぶりに驚かされるし、エイドを出されている皆さんには感謝しかない。再度公園の分岐あたりではキャノン名物のエロ本エイドが登場し、Rが飛びついた。この時だけはペーサーとしてマイナス評価をつけざるを得ないが、自分も人のことは言えないので目を瞑った。なお写真を見返すとガッツリ局部が写っていたので、ここでは掲載を控えることにする。f:id:massto0421:20220508175739j:imagef:id:massto0421:20220508175743j:imagef:id:massto0421:20220508175746j:imagef:id:massto0421:20220508175751j:image

バラエティ溢れるエイドを楽しみながら進んでいると、気づけば全山縦走路は後半に差し掛かっていた。何回この道を通るんやろなぁと苦笑しながらも、Rがいてくれたお陰で精神的な辛さはほとんど感じなかった。急登が続く横尾山を登り終えて栂尾山の山頂に立てば、もうゴールの須磨浦はすぐそこにあると実感できる。おらが山から旗振山への気持ちのいいシングルトラックを、踏ん張りの効かなくなった足で、惰性のみで走っていく。旗振山からの階段下りは重力に身体を預けるしかない。この足を使い果たした感覚は、初めて六甲全山縦走を踏破したとき、塩尾寺から宝塚の街へ下りている時の感覚に近く懐かしい思いがした。思えばあの時の達成感に味を占めたことがきっかけで、ロングトレイルという沼にずぶずぶと浸かってしまった。この沼の底は未だ見えず、底があるのかさえ分からない。そしてまた上を見ても、とうに沼の入口は見えなくなってしまった。しかしながら沼に浸かっていくのは案外と気分のいいもので、今はまだ重力に任せてどこまでも沈んでいきたいと思っている。f:id:massto0421:20220508180854j:imagef:id:massto0421:20220508173138j:imagef:id:massto0421:20220508180850j:image

3本目(塩尾寺下休けい所ー須磨浦公園):10時間43分

総合:29時間52分

f:id:massto0421:20220508190853j:image

 

ルート作成メモ

自分用のメモ 

Google mapルート作成 → ヤマレコ

Google map ルート KMLファイルをダウンロード

②下記リンクで KMLファイルからgpxファイルに変換

KMLをGPXに変換する オンライン フリー - KML GPX 変換

③yahooメールでgpxファイルをスマホに送信

スマホにgpxファイルをダウンロード

⑤gpxファイルをヤマレコに共有

⑥ヤマレコからルートをダウンロード

 

・Ride with gps → bryton

・ヤマレコ → garmin

・ヤマレコ → sunto

 

2年後に向けて(2022/04/20)

今日、TJAR2022の大会要項・選考会要項が発表された。ざっと目を通した感じでは、2020年大会と変わりはないようである。自分が目標とする2024年大会もいよいよ2年後に差し迫った。焦りを感じるものの大会に向けてどれほどのトレーニングを積めばいいのか分からないし、挑戦すること自体、つい最近まで腹を括りきれていなかったのが本音であった。2年後という期間を考えると、今の自分の実力に見合っていない目標なのは明白であるし、それを達成するために犠牲となる部分も出てくるだろう。果たしてそこまでのリスクを負ってまで、厳しいトレーニングに耐えられる体力と精神力が自分にあるのだろうか。

そのような悩みを抱えている折に、先週末、TJARに何度も出場されている岩崎選手が講師を務めるトレラン教室に参加してきた。1年前に初めて参加して以来となり、久々に岩崎さんや他のランナーさんとお話が出来て有意義な時間を過ごせた。また、このトレラン教室には、TJAR2020に出場された沼田選手もサポート役として参加されている。沼田さんも1年前のトレラン教室で初めてお会いし、その後も六甲山やKAMI100のレース会場でバッタリお会いすることがあった。お二人のTJAR経験者と一緒に走れる機会はそうそう無いだろう。それだけでも参加する価値のあるトレラン教室である。

お二人と話すうちに、やはりTJARに対する憧れは強くなり、帰宅してからも大会関連の書籍や資料を貪るように読みまくっては、TJARを目指すと決めたときの初心を思い出すことが出来た。画面越しとは言え、ボロボロの姿で大浜海岸にたどり着いた選手達の熱い眼差しに心を奪われてしまった以上、その視線からは決して逃れられないのである。今年も暑い夏がやってくる。f:id:massto0421:20220422001352j:image

寂寥の春(2022/04/02)

堺から自転車を走らせて神戸へと帰る道中、武庫川を境に空気が変わるのを実感する。武庫川の北方に視線を投げると、宝塚あたりに六甲山の裾があって、その尾根は西へ伸びるにつれ高度を増していく。空気が変わる。それは六甲山から吹きおろす阪神間特有の風である。風は六甲山の乾いた土の匂いであったり、山に生きる季節の植物から発せられる香りを、私たちの住む山麓の街へ運んでくるのである。夙川育ちの作家 須賀敦子さんも「風がちがうのよ」と言い、阪神間の風や匂いについて自らの経験をもとに力説しておられるのは有名だ。

昨夜も仕事を終えた私は、武庫川あたりでその匂いを感じ、忙しない平日の労いとした。夙川では見事な桜並木が川沿いに連なり、決して長くは続かないその可憐で上品な姿を人々に見せしめていた。f:id:massto0421:20220403172138j:image

夙川の数キロ先には、これまた桜の名所である芦屋川がある。道幅の広い河川敷で、ライトアップされた桜木の下、おもいおもいに花見を楽しむ人が多くいた。私は自転車を橋の欄干に停めて写真を撮り、「いい画が撮れた」と満悦して本山の方へと帰っていった。f:id:massto0421:20220403172201j:image

行きつけのスーパーマーケットの大きな看板が見えたとき、ふいに胸中に迫る寂しさが込み上げてきた。この街のなんということもない生活風景が、今春に街を出ていった同級生たちの不在を、否応なしに突きつけてきたのである。そのなかには特段親しいわけでもない人も含まれるのだが、親密度に関わらず、この街に住む同級生もずいぶんと少なくなってしまった事実が、どうしようもなく寂しい心持ちにさせた。帰ってきたはずの本山の街は、旅先で訪れた見慣れぬ街のように、どこかよそよそしい雰囲気をしていた。

保久良神社へとつづく参道、もとい登山道沿いには、今年も色鮮やかな桜の花が咲いている。街からその緑色と桃色のコントラストを眺める。あるいは桜並木の登山道を歩きながら、街から聴こえてくる“だんじり”の半鐘の音色に耳をかたむける。そのようなひと時ほど、春の到来を感じさせるものはない。街を出ていった同級生たちが再び保久良の桜並木を目にし、だんじりの音色を耳にし、春の訪れを悦べるような日がくることを、私はこの街に帰ってくるたびに願い続けるだろう。f:id:massto0421:20220403172328j:image

呉という桃源郷(2022/03/12)

f:id:massto0421:20220326211514j:image

またもや広島県呉市に来てしまった。前回は去年の10月に友人と訪れた。友人の知り合いのKさん(呉市在住)に街を案内してもらい、かなりディープな事情も知ることができた。何より呉を心底愛しているKさんの熱い口調が素晴らしかった。

今回は別の友人と卒業旅行的なかんじで。前日は尾道、今日は呉、明日は広島市内といった2泊3日の広島三昧の旅行である。しかしなんと言っても呉は良い街である。なにが良いかと問われると答えに困るが。なんせ4度も来るくらいだから相当好きなのだ。あれこれ書くのが大変なので、Twitterの投稿貼っとくぜ。あぁTwitter公開は醜態をさらすことになるけど、この際どうでもいい。なんならこのブログだけでも結構恥ずかしいこと書いてるからね。

 

サイクルモードライド大阪2022 雑感(2022/03/06)

今日も宇宙遺産は宇宙遺産らしい立ち姿で、万博記念公園から世界を睨みつけている。北欧の戦争では民間人の犠牲もあとを絶えず、痛ましい思いである。今年もサイクルモードに来た。毎年恒例のイベントである。張り切って開園の1時間前に公園東口駅に着いたが、風が冷たく待ち時間が少し辛かった。張り切っているものの今回のサイクルモードは特別これといった目的はなく、ただ面白い自転車を発掘できればいいなと思っている。

結論から言えば今年はいまいちだった。もちろん良いなと思える自転車もあったのだが、あくまで想像の範疇内に過ぎず、おっ!と驚くような自転車には巡り会えなかった。少しマイナーメーカーばかりを攻めすぎたせいかもしれない。去年のように一台一台インプレを書く熱も起こらなかったので、写真だけ載せておく。それにしても、自転車業界の向かおうとしている先がよく分からない。ロードバイクのディスクブレーキ化が数年前からメジャーとなったが、文化的にも技術的にも、一向に醸成されていないように思える。コロナ禍で自転車ブームが巻き起こったものの、大局を見据えた先に残る文化と技術は今の自転車業界にあるのだろうか。

f:id:massto0421:20220306124948j:imagef:id:massto0421:20220306124956j:image
f:id:massto0421:20220306124943j:imagef:id:massto0421:20220306124945j:image
f:id:massto0421:20220306124951j:imagef:id:massto0421:20220306125005j:imagef:id:massto0421:20220306124953j:imagef:id:massto0421:20220306124959j:imagef:id:massto0421:20220306125003j:imagef:id:massto0421:20220306125008j:image

午後からは元バイト先で行きつけの「自転車好房ラルプデュエズ」に寄った。3/27に参加する「ツールドしものせき」の車検をしてもらうためだ。その帰り際、HAT神戸にある西郷川河口公園に立ち寄った。この公園は河津桜の並木があり、毎年3月中旬あたりから華やかなピンク色の花を咲かせるのである。この日はまだ6分咲きといったところだったが、春を先取りした気分になれて嬉しかった。菜々花畑も見応えがあり、河津桜とのコントラストが美しかった。

f:id:massto0421:20220326085740j:imagef:id:massto0421:20220326085732j:imagef:id:massto0421:20220326085736j:image

夜勤明け六甲全縦(2022/03/05)

朝7時に仕事が終わりそのまま実家に帰省。10時に実家を出発し、魚屋道を登って最高峰まで上ると、そこから西へと全山縦走をした。目的は再来週に行われる六甲縦走キャノンボールランの対策である。大会当日も夜勤明けのスタートとなり、宝塚から六甲全山縦走を1.5往復する必要がある。睡眠不足の状態で全縦したとき、身体にどのような反応が現れるのか確かめたかった。

スタートからやはり身体に気怠さがあり、山に入ってもなかなか気分が上がらない状態が続いた。おまけにこの日は気温が高く、その影響もあってスピードを出しづらい。本山から約1時間半で最高峰に到着した。体感的には1時間40分かかるかと思ったが、案外早く着いた。やはり山上では下界よりも気温が少し低めで走る分には程よい具合であった。摩耶山には13時ごろに着いた。宝塚(塩尾寺下ひろば)から最高峰までの所要時間と、本山から最高峰までの所要時間はかなり似通っているので、本山スタートの全縦タイムで差し替えが可能である。本山から摩耶山まで3時間というと、須磨浦に着くのは大体7時間45分ほどのペースである。

菊水山を降りたあたりで急に眠気が襲ってきた。時刻は15時ごろである。昨日起きたのが16時なので、あと1時間で24時間動いていることになる。今回のキャノンは1.5往復のrainbowにエントリーしたので、どこかでまとまった睡眠を取らないと潰れそうである。そうなるとシュラフやビビィといった本格的に寝るための装備も必要になってきそうだ。帰ったら要検討である。馬の背から海の方を見ると、海技学校の練習船が航行していた。青雲丸、もしくは大成丸かなと思いTwitterなら投稿すると、青山さんから銀河丸だよと教えてもらった。銀河丸は久しく見ていたなかったので、完全に選択肢から外れていた。

f:id:massto0421:20220326082138j:image

16:25に旗振山に到着。ここから須磨浦公園までは約15分なので大体7:40分で全縦を終えることになると分かった。足の疲れはおよそ7割程度といったところ。睡眠不足による倦怠感が足の疲れと誤認している可能性も考えられる。まぁこの感じだと調整はうまくいってるので、後は大会当日まで怪我をさないようにトレーニング強度を維持するのみである。

今日は須磨浦ではなく塩屋に下山した。なんとなく塩屋の街並みと海を間近で見たかったから。旗振山からの西日が美しかったからかもしれない。旧グッゲンハイム邸はなにかのイベントで、邸宅内には大学生らしき若者が何人かいた。
f:id:massto0421:20220326082144j:imagef:id:massto0421:20220326082141j:imagef:id:massto0421:20220326082152j:imagef:id:massto0421:20220326084510j:image