自転車で山、海へ行く

山、海、街、自転車、船、本のこと

サイクルモード大阪2021 インプレと雑感(2021/07/25)

サイクルモード大阪2021いってきました。毎年3月ごろに開催されてましたが、コロナの影響で今年は7月になったようです。場所はいつもの万博記念公園。9時10分ごろに到着しましたが、すでに行列が出来てました。それにしても待ってるだけで暑い…。登山用の折りたたみ傘を持ってきてたので、日除け代わりにするとだいぶマシです。試乗中は熱中症に気をつけないとね。写真見て気付きましたが「茄子アンダルシアの夏」でおなじみの、パオパオビールのジャージ着た方がいますね。(色々と複雑ですが)五輪でもロードレースが盛り上がったことですし、金曜ロードショーは早く茄子シリーズを放映してください。f:id:massto0421:20210725140009j:image

さてここからインプレです。ロードバイクグラベル系、折りたたみ・ミニベロ、子乗せ自転車などジャンルは様々。興味のある自転車だけ乗りました。ロードバイク編では六甲山を走ることをイメージして書いてます。記事の順番は上記の通りです。長文ですが、気長にスクロールしていただければ幸いです。

まずはロードバイク

[YONEX CARBONEX  サイズ:XS]f:id:massto0421:20210725142437j:imageヨネックスはテニスやバドミントンのラケットメーカーとして有名で、カーボンを扱う技術力は非常に長けているイメージがある。サイクルスポーツの「自転車道」というムック本にも、ヨネックスのフレーム作りの特集記事が掲載されており、設計から製造まで真摯にものづくりをされていることが良く分かった。軽量性を売りにしてるだけあり、漕ぎ出しの軽さ、ダンシング時の加速感は他のバイクと比較しても一段抜きん出ている。六甲山を走るなら表六甲や東六甲など、勾配のきつい坂道をリズム良くダンシングで登っていけば、バイクも素直に応じてくれそうだ。かと言ってペダリングの反動で足が吸われるということもなく、その辺はプリブレグの絶妙な積層加減を思わせる。気になった点を挙げるなら振動吸収性。細かい振動はいなしてくれるが、大きい段差を通過した際は振動がダイレクトに伝わってきた。長時間乗るのは疲れそうな印象を受けた。ともあれ国内メーカーという信頼感は、他の海外メーカーには替え難い利点である。ところで少し脱線するが、試乗車待ちにカツオさん、カツオクさんにお会いできた。六甲縦走キャノンボールランにご夫婦で出場されていると聞き、すごい人達がいるもんやな〜と隠れファンになった。中でも親不知から立山までの北アルプス縦走は、臨場感溢れるブログを読ませてもらい非常に面白かった。その旨を今回お伝えできたので良かったです。どうも有難うございました。

Panasonic ORCC22 サイズ:460mm]f:id:massto0421:20210725164924j:image使用パイプはカイセイの8630R。クロモリにニッケルを添加させることで強度が増すため、通常のクロモリよりも同じ強度を保ちながら肉薄に、つまり軽量に仕上げられる。フォークはカーボンだった。漕ぎ出しは重たいが、そのあと軽いギアのまま回していくと、スーっと伸びていくように加速して気持ちいい。振動も細かいものから大きいものまで、ストレスを感じない程度まで細分化してくれる。非常に乗り心地の良い自転車である。しかし登りでは車体の重さが効いて、脚を使わざるを得ない。その代わり下りでの安定感、すなわち直進安定性はピカイチで、東・西六甲の長いダウンヒルでも安心して身体を預けられそうだった。

[SPEEDCOG T&K NeoCozma サイズ:不明]f:id:massto0421:20210725165013j:imageバイクを俯瞰するとすぐに違和感に気づいた。溶接痕が無い!チタンフレームはTIG溶接でパイプ同士を接合するのが一般的で、その場合、必ずパイプのつなぎ目に溶接ビードが残るわけだが、このフレームにはそれが無く、滑らかなフィレット形状に仕上がられている。自分の愛車「AVEDIO BUCCHAS SL」のように溶接痕を研磨してるんかなぁと思い、スタッフさんに尋ねると「完全貫通溶接」という聴き慣れないワードが飛び出してきた。帰ってから調べても詳しい工法は分からず。企業秘密というやつか。この特徴的なフィレット形状がフレーム接合部の応力を分散し、クロモリで言うところのラグのような役割を果たすようだ。しかしパイプ同士の接合密度は非常に高そうで、ラグのように剛性不足といった心配は無さそうだ。気になるのは、この接合方法で果たしてフレームの中心が出るのかということ。いかんせん謎が多いフレームだ。気になる走行感だが、いい意味で裏切られた。思ってた以上にレーシーな乗り味で、踏めば踏むほどグングンと加速してくれる。それなのに、足に返ってくる反動はそこまで気にならない。「AVEDIO Venus RS」に金属フレームのカチっとした感覚を加えたようなフレームだった。f:id:massto0421:20210725165004j:imagef:id:massto0421:20210725165001j:imagef:id:massto0421:20210725165008j:image面白いのはフレームだけではない。ホイールにも秘密が隠されていた。リアホイールを空転させてもラチェット音がしないのだ。スタッフさん曰く、空転時は自動車のクラッチのように、フリーボディとハブのラチェットが離れた状態のため、完全にフリーになっているそうだ。なにそれ。ホイールのラチェット音は、当たり前だが、フリーボディとハブのラチェットが引っかかってカリカリと鳴っている。つまりどうしても抵抗が発生してしまうのだ。通常のホイールを前後とも空転させ、回転時間を計測すればその差は歴然である。ところがこのホイールは、リアもフロントのようにラチェットの抵抗を受けないまま回転する。確かに下りでも妙に伸びるような感覚があった。色んなパーツが出てるんだね。f:id:massto0421:20210725212811j:imagef:id:massto0421:20210725212844j:image

ここからはグラベル編。そこそこ走れて、かつ雑に扱っても壊れない堅牢性を持ち合わせたフルリジッドMTBが欲しいなぁ、と最近思い始めたので、試乗車もそっち系統が多いです。

[JAMIS RENEGADE S2 LTD サイズ 48cm]f:id:massto0421:20210725170529j:image使用パイプはReynolds 631。レイノルズ社が出しているパイプの中でも高級な部類。クロモリにマンガンが添加されている、いわゆる「マンモリ」というやつ。この言い方モッサリしてて嫌いなんだよなぁって個人的意見。ラレーの旗艦モデル「CRF」に採用されてるのが有名だろうか。添加物は違うものの、考え方は前述したカイセイ8630Rと同じで、要は添加物で強度を高め軽くしたいのである。で、乗ってみた感想だが、グラベルロード自体乗るのは初めてなので比較対象がなくインプレが難しい。正直に述べると幅広のタイヤが重くてしんどい、という印象が強かった。しかし加速するにつれて上手くスピードに乗り、平地を巡航するのは楽しかった。ダンシングでも思いのほか軽さを感じたのはパイプの恩恵だろう。良さを感じられなかったのは私の経験不足によるもので、いくらか比較対象や不整地での走行を経験していれば、もっと違った見え方があったと思う。

[TERN GRIT サイズ:480mm ]f:id:massto0421:20210725170535j:image最近の自転車情報を求め某チェーン店を訪れたところ、店内に目を引く自転車が置いていた。それがこの自転車。ternと聞くと小径車のイメージしか無かったが、こんな面白い自転車も出しているのかと驚いた。嬉しいことにサイクルモードでも試乗車があったので、ありがたく乗らせてもらった。うーん…重たい。重量12.3kgはロードバイクに慣れ切った身としては少々耐え難い。車体は重くても走りは軽い、という自転車もあったりするが、この自転車はなかなか厳しい。しかしレザーパーツやBMXハンドルバーの採用など、オールドなテイストを感じさせる外観はすごく好みだ。パーツのアッセンブル、特にホイールを交換すれば、走りも楽しめる可能性がある。もちろん今のままでも、10〜20kmほどの街乗りサイクリングであれば問題ない。これに乗って舞子公園あたりを走れば、さぞかし気持ちが良いだろうなぁ〜。

[fuji TALAWAH サイズ:19]f:id:massto0421:20210725170552j:imageサイズ19の“19”ってのはどこの数字から取ってるんだろうか。シートチューブ長は483mmなのでピッタリかと思いきや、やたらハンドルが遠い。それもそのはず、トップチューブ長は572mmで適応身長は180cm前後だった笑 そりゃそうなるわ。ってあれ?19ってシートチューブ長のインチ値か!ホイールベースが長めに設計されており、直進安定性は優れている。荷物をいっぱい積載させても安定感がありそうだ。加速感は5万円前後のアルミフレームのクロスバイクの様。1.75のタイヤを履かせてこの加速感はなかなか優秀なのでは。知らんけど。さっきのternよりかは走行性能よかった。色が好み。

[JAMIS SEQUEL S3 サイズ:19]f:id:massto0421:20210725170544j:imageこれも色が好みだわ〜、100点!と言いたいところだが、乗ってみないことには分からない。先ほどの2台よりも走行性能は抜群に優れている。走りの軽さを感じる。使用パイプは4130とカタログにあるのでクロモリだ。そして重量を見てビックリ。12.7kg!先ほどやや酷評気味だったternより重いのである。やはり自転車は奥が深い。パイプの素材は同じクロモリなんだけどね。ジオメトリーの問題かしらと調べたがternの方は2022年モデルのため、詳細は載っていなかった。話は逸れるが、この自転車の上位モデルに「SEQUEL S2」というモデルがあるが、パーツ諸々が違う他に、フレームのパイプが違う。S2はレイノルズの520を使用している。もし本当にフルリジッドMTBを買うならこれかな。

[EQUAL 機械式ディスクブレーキ]

自転車ではないが、個人的にサイクルモードで1番気になっていたブース。油圧式、EQUAL機械式、他社機械式ディスクブレーキが机に並べられており、それぞれブレーキングの感触を体感できる。油圧式はやはり引きの軽さが際立つ。それに比べ他社機械式はワイヤーの抵抗感と、ブレーキを握り込んだ時の遊びがある。対してEQUAL機械式はというと、ワイヤーの抵抗感はあるにせよ引きが軽く、何より握り込んだ時のカチッとした感覚が油圧式そのものだったのである。これには驚いた。目隠しをして握ったら油圧式と間違えてしまう。

f:id:massto0421:20210725220548j:imagef:id:massto0421:20210725220540j:imageスタッフさんに色々と尋ねて勉強になったことが多かった。まず機械式の両側ピストンは、かなり無理な設計をしていて、小さなキャリパーボディに左右独立した機構を詰め込む必要があるので、どうしても剛性不足になってしまうそうだ。アラヤのグラベルミニベロで、ブレーキングの感覚がキャリパーに近い感覚があったのは、その遊びに起因してるのかもしれない。EQUAL機械式は片側ピストンで、ピストンのカム機構を片側に集約できるので、その分、強度も十分に確保できるのだそう。それによってカチッとしたブレーキの感覚も生まれるらしい。なぜ他社の片側ピストンでそれが実現できないのかは分からない。しかし、片側ピストンと聞くと、ローターの歪みが気になるが、その点も考えられている。パッドの調整は左右で独立しているので、片側をローターの際まで近づけてあげれば、歪みはほぼ出ないと社内研究で調べがついているそうだ。キャリパーからディスクに移行する橋渡しとして機械式ディスクの需要は高まりそうだ。f:id:massto0421:20210725220554j:image

ここからは折りたたみ・小径車編です。以前からTwitterでフォローさせていただいてた星井さえ子さんの影響で、折りたたみ自転車も欲しいこの頃です。

RENAULT LIGHT8]f:id:massto0421:20210725183525j:imageこの自転車は、折りたたみ自転車の一大メーカー「DAHON」のOEM製品である。折りたたみ自転車は、折りたたみ機構の強度など、安全性でやや不安な要素があったりするが、その点では安心である。OEMなので値段が手頃なのも嬉しい。走ってみると、見た目通りの可愛らしい走行感。小径でチェーンリングも46tとそこまで大きくないので、平地を走るぶんには殆ど力を使わない。車体が軽いので坂道も楽に登坂できた。ただお察しのとおりスピードは出ない。目いっぱいクランクを回して時速20km出すのがやっと、という感じである。もともと速度は求めていない自転車なので問題ないだろう。むしろゆっくり走ることで、サイクリング中の新たな発見が得られるはずである。下りの安定感の無さもあるが、これは小径車全般に言えることなのでよしとする。要はスピードを出しすぎなければいいのだ。流石に神戸市内の激坂をこの自転車で下るのは些か不安だが…。f:id:massto0421:20210725183519j:image折りたたんだ状態はコンパクト!大きめのコインロッカーにも入るらしい。色々と行動のバリエーションが増えそうだ。18きっぷ電車旅のお供としてこの自転車を連れていきたい。海の見える駅、商店街のある駅、人気のない郷愁を感じる駅、気になった駅があれば下車してポタリング。あぁ、想像しただけでも贅沢極まりない時間だ。

[ARAYA muddyfox CXM サイズ:480mm]f:id:massto0421:20210725183514j:imageグラベルミニベロという変わったスタイルと、その他細かいディテールに惹かれて、一時期本気で買おうか迷った自転車。冷静に考えると乗る機会ないよなぁ、という結論に至りボツ。なお試乗は今回が初めて。小径車の苦手要素といえば、安定感、段差、振動、ということで、不整地を走るのはハッキリ言って向いていない。しかしそれでも商品として世に出すアラヤの心意気に胸を打たれる。グラベル化したことの利点は、安定感が増したこと。幅広のタイヤを履かせることで、ミニベロの弱点をカバーしている。ツーリング車としての使い方が向いてそうだ。ハンドル下や、リアホイール周辺の空間が広いため荷物を載せやすい。この自転車の面白いところは機械式ディスクブレーキが採用されている点。それもただの機会式ではなく、両側ピストン式のディスクブレーキである。その件はまた後で書くが、なんせ珍しいブツなのです。ブレーキングの感触はキャリパーブレーキに近く、ディスクが苦手とする細かいブレーキコントロールが出来る。走行性能は期待以上で、普通のロードバイクと遜色のない乗り味だった。もちろん巡行性には劣るものの、直進安定性やダンシングの感覚は違和感が無かった。やはりツーリング車としての使い道はアリだ。

つづいて子乗せ自転車編です。

[OGK ふたごじてんしゃ]f:id:massto0421:20210725194517j:image現行で出されている3人乗り(親1人子ども2人)の子乗せ自転車は、前の子乗せと、後ろの子乗せでそれぞれ年齢制限が違う。前は〜3歳、後ろは4〜6歳までなので、双子を2人とも乗せることは出来ないのだ。今まで気にしたことも無かったけど、言われてみれば困った問題である。そんな問題を解決するために作られたのがこの自転車。ご覧の通り、後ろに2台子乗せが付いている。このままでは安定性を欠くので三輪車になっている。ハンドルグリップのすぐ横にスイング機構のスイッチがあり、オンにするとカーブする際、車体が倒れるようになっている。駐輪して子供を乗せ降ろしする際は、スイッチをオフにすると車体が固定されるので、安心して作業できる。乗ってみた感想だが、三輪車の絶対に倒れないという安心感は素晴らしかった。ただやはりカーブする際や、急なハンドル操作は苦手とし、また別の怖さがあった。慣れの問題かもしれないが、とっさの対応は難しい気がする。

[OGK Camily]f:id:massto0421:20210725194507j:imageこちらは後付けタイプのサイクルトレーラー。後ろの荷台に延長ブラケットを装着すれば、大抵の自転車に取り付けられる。走ってみるとサイクルトレーラーの存在感の無さに驚いた。走っていても後ろにトレーラーがある事を感じさせない。少しトレーラーの様子を見ながら走ってみると、カーブでもしっかり後ろを追従してることが分かる。幅が狭いので内輪差などもなく曲がりやすい。f:id:massto0421:20210725194513j:imageトレーラーは簡単に脱着できるので、単体の使用も可能だ。例えば公園の駐輪場に自転車を停めて、トレーラーを外して公園内に移動したりも出来る。開発の経緯を聞いてみると、保育園用の布団の輸送をどうにか出来ないかという背景があったらしい。

日本の子乗せ自転車は、安全面で課題があると個人的に思う。3人乗り用の子乗せ自転車は、子ども2人を乗せた状態で、前カゴに荷物を入れられる仕様になっているが、それらが満載時に安全に移動できるかと問われれば、自分は全く自信がない。海外の子乗せ自転車は、ハンドルと前輪の間に荷台があり、荷物や子どもを乗せている。いわゆるカーゴバイクと呼ばれる自転車だ。低重心で非常に安定感のある乗り物だと思う。また、サイクルトレーラーのように、後ろに独立したチャイルドトレーラーを牽引するタイプもある。しかし、これらをそのまま日本に輸入するのも難しい。というのも駐輪場の事情が海外と日本では違うからだ。土地の狭い日本では、海外のように広い駐輪スペースを設けることは難しい。かといって、今の子乗せ自転車のカタチでは、いつか痛ましい事故が起きるような気がする。どうにかならないものだろうかと、色々考えさせられる1日でした。

常念山脈縦走②(2021/06/25,26)

今回の装備について。基本的には去年の中央アルプス縦走中央アルプス縦走①(2020/09/20,21) - 自転車で山、海へ行くから変わらないが、細かい部分は変更点がある。レインウェアは雨の日の自転車通勤で使い倒してたので、上だけモンベルのバーサライトジャケットに新調した。続いてクロスオーバードーム用のグラウンドシートを、SOLのエマージェンシーシートに変更。これは軽量化とサイズダウン目的である。シェルター内の敷物も、銀マットからタイベックスのシートに変更した。雨が降ることは明らかだったので、防水性を高めるため念入りに対策を講じた。そして、雪渓が残っている箇所があるので、軽アイゼンも追加。総重量は水抜きで9kgである。f:id:massto0421:20210710133841j:imagef:id:massto0421:20210710133239j:image

9:30 中房温泉出発

水を含めると約11.5kgでなかなか重たい。ここ1ヶ月間、重さになれるために9kgほどの重量を背負って山に入るように心がけていたが、それでも2.5kg増すと全然違ってくる。経験則では8kg以上になると途端に走れなくなるので、もう少し軽量化したかったが、これ以上削ると今の自分の実力では安全に支障をきたすので諦めた。f:id:massto0421:20210714204615j:image

中房温泉から常念山脈の稜線に取り付く合戦尾根は、北アルプス3大急登のひとつであるが、名前負けしている感は否めない。確かに急登であることには違いないのだが、登山道はよく整備されており歩きやすいコースとなっている。この尾根を登るのは3回目、つまり私の北アルプス山行は全てここを起点としてきた為、勝手知ったる道であり、精神的な余裕もこの時点ではまだまだある。しかし一つだけ懸念事項があった。空を見上げると雲の切れ間から太陽が顔を出し、登山道を燦々と明るく照らしている。普通は晴れると嬉しいものだが、あまり天気が良すぎるのも困ったものである。というのも、日光によって気温が上昇すると、午後からの天気の崩れ具合が酷くなる可能性があるからである。特に夏場は何といっても雷が怖い。遮るものが何もない2500m以上の稜線で雷に遭えば、ひとたまりもない事は容易に想像できるだろう。近くに山小屋があればいいのだが、無ければせいぜいハイマツの影に身を潜めておくぐらいしか対応できない。勿論そうならない様に、空の様子を伺いながら、稜線の途中で雷に遭わないよう行動するのが一番の対策であるが。とにかく、これ以上晴れてくれるなよと願いながら尾根を登っていった。

f:id:massto0421:20210719231034j:image

10:50 合戦小屋

標高2200m付近にある合戦小屋まで来ると、いよいよアルプスに来たという実感が持てる。登山口よりも気温が下がったことをはっきりと実感でき、周りの風景も木々が少なくなり荒涼とした様相に変化する。霧が立ち込めてくるのも大体この辺りで、前述したような雰囲気を助長させる一因となる。f:id:massto0421:20210714204656j:image

疲労感はあまり無かったがお腹が減ってきたので、ザックを降ろし、補給食で持ってきたライトミールを一袋取り出して歩きながら食べる。ライトミールというのはイオンのプライベートブランドとして販売されているカロリーメイトのようなものだ。1本あたり100kcalとカロリーが高く、キリもいいので計算しやすい。1箱4本入り(1袋2本入り)で値段は120円なので、本家よりお財布に優しいのもありがたい。今回は4箱、つまり16本持ってきた。

話は戻るが、合戦小屋から少し先を行くと、登山道のわきに所々雪塊が残っており、この先まだまだ雪渓が残っているのではないかと少し不安になった。それにしても、標高2300m以上にもなると、空気の薄さが徐々に身体的反応として現れ始める。登り始めと同じペースで登ろうとしても息が切れやすくなる為、自然とペースは落ちる。ここで無理に同じペースを維持しようとすると、高山病のリスクも高まるのだろう。そんなことを考えている内に、早くも稜線上の燕山荘が見えてきた。

f:id:massto0421:20210718155330j:image

11:30 燕山荘

最後の急登を上りきり稜線に出ると、眼前に広がる風景に思わず息を呑んだ。荒々しい岩壁に雪化粧を施した裏銀座の山々の、毅然たる姿がそこにあった。2年前の晩夏、初めてこの地に立った時もその風景に感動したものだが、厳しい冬の面影を残した北アルプスの一面を見られたことに、新鮮な感動を味わえたのである。

f:id:massto0421:20210718155038j:image

「あぁ、来てよかったなぁ。」と、小さく呟いた。私はひとりの時、自然が織りなす人知の及ばない風景に出会うと、その感動を心に押し留められず、口に漏らしてしまうことが度々ある。心の奥底から湧き出す衝動に駆られ、燕山荘にザックをデポするや否や、燕岳の方へ稜線を駆けた。花崗岩が風化し地面に積もった砂礫の、足裏に伝わる感触が六甲山を思わせる。しかし周りの風景は北アルプスそのものであり、浮き足立つのは心だけでなく、足取りもまた軽やかになる。

f:id:massto0421:20210718155146j:image

11:45 燕岳(標高2763m)

北アルプスの女王と呼ばれるように、なだらかな稜線上に花崗岩の白い岩肌が目立ち、凛とした女性を連想させるような山容である。心配していた天気だが、雲がほどよく空を覆っており、雷の兆候は見られなかったので安心した。

f:id:massto0421:20210718155248j:image

感慨に耽るのもそこそこに、すぐ山頂を後にした。燕山荘にデポしていたザックを再び背負い、大天井岳の方へ歩いていく。燕岳から大天井岳への道のりは、少し距離はあるものの、緩やかなアップダウンが続き歩きやすい。何より右手に見える裏銀座の山々や、徐々に近づいてくる槍ヶ岳に目を奪われて疲れも忘れてしまう。その度に私は立ち止まることを強いられ、ついつい写真を撮ってしまうのだった。

f:id:massto0421:20210718210051j:image

燕岳と大天井岳の中間あたりに位置する蛙岩を過ぎたあたりだったろうか、少し先のハイマツの影で何かが動いた。それは暫くすると登山道にひょっこりと姿を現した。ライチョウである。身に纏った黒色の斑模様をした夏毛、鮮やかな朱色をしたまぶた、雪渓を思わせるような白い腹、それぞれ自然に溶け込んだ体色のコントラストが美しかった。ライチョウは警戒心の強い野鳥だが、長らく天然記念物として保護されていたため、人に対しての警戒心は薄い。このライチョウも、私の姿を確認しても逃げる様子はなく、登山道を案内するように私の数m先をトコトコと歩いていった。

f:id:massto0421:20210719072118j:imagef:id:massto0421:20210719072124j:image

常に暴風雨と吹雪の危険に晒されている標高2500mの稜線上は、人間が生きていくにはあまりに厳しい環境である。しかしそれはあくまで私たち人間からの視点に過ぎず、ライチョウにとっては、より生存率を高め種を残していく為には、この過酷な山岳地帯で生きていく方が賢明だと判断した訳である。一体どちらの世界がより安全で平和的と言えるのだろうか、逞しく北アルプスで生き抜く野生動物の健気な姿を見ていると、そのような疑問が頭の中を浮遊するのであった。

常念山脈縦走①(2021/06/25,26)

6月24日木曜日、JR阪和線大阪駅へ向かう車中、高速バス予約サイトの申し込み履歴を何回も見直しながら、私は絶望の淵に立たされていた。予約しておいたはずの松本行き夜行バスの履歴に、“キャンセル済み”の文字が並んでいる。脳内が一瞬はてなマークで埋め尽くされたが、すぐさま冷静さを取り戻し、いったい今の予約状況はどうなっているのか分析した。どうやら予約したものの決済が完了しておらず、自動的に予約キャンセルとなったらしい。予約する際に、確かにクレジットカードの情報を入力し、その場で決済も完了させたように記憶しているが出来ていなかったようだ。

日々の休日出勤を重ねながら何とか勝ち得た3連休。ようやく北アルプスの地に還り、身も心も大自然に預けながら山行を楽しむはずが、よもや高速バスの予約ミスという、この上無くしょうもないミスで全てが台無しになってしまうのか。自身の不甲斐なさに情けなくなった。しかし電車に乗って、今まさに大阪へ向かう最中で引き返すわけにもいかない。もしかすると奇跡的に席が空いてるかもしれない。暗鬱な心持ちのまま一縷の望みに掛けて、梅田三番街の高速バス乗り場へ向かうことにした。

高速バス乗り場へ着くと、受付のおじさんに意を決して尋ねた。

「9時40分発松本行きのバスって席空いてたりしませんかね…。」

「あぁ、空いてますよ。窓側の席は一つしかないけど、そこでいいですか?」

ーーー。勝った。

「空いてるんですね!そこで大丈夫です!」

予定通り松本へ行けることが分かり、先程までの暗鬱たる気持ちは消え去り安堵感に包まれた。これはおそらく先週巡礼してきた摩耶山開運8ヶ所巡りのおかげだろう。雨が降りしきる中、夜勤明けの身体に鞭打って30kmほどの山道を巡礼してきた甲斐があったというものだ。

定刻通りやってきたバスに乗り込み、ホッとする。前席に座っている女性が少しの断りもなしにグイグイとリクライニングを倒してくるが、そんな些細なことは全く気にならない。森羅万象、私を取り巻く全ての事柄に感謝の気持ちでいっぱいである。しかし、それにしても些かリクライニングを倒しすぎではないのか、倒しすぎてあなたの後頭部が丸見えなのですが。まぁ本来なら無念極まりなく寮へと引き返している身である。リクライニングがどうこう言える立場ではないのだ。やや窮屈な姿勢になりながらも、眠気に任せて目を閉じた。翌朝、6時10分ごろ終点の松本バスターミナルに到着した。件のリクライニング問題でなかなか寝付けず、1時間おきに目が覚めたので非常に眠たい。前席の女性はさぞかし良く眠れただろう。本望ではないが彼女の快眠に貢献できたのなら良しとしよう。決して本望ではないが、、

f:id:massto0421:20210710091206j:image

どの街でも早朝の空気感がたまらなく好きだ。着飾らないその街本来の雰囲気や生活感を肌で実感できる。松本は大阪よりも2〜3℃気温が低く涼しい。松本駅の西側には北アルプスの大山脈が連なっており、遠目から見てもそのスケールの大きさがよく分かる。駅前のロータリーに面するマクドナルドでソーセージマフィンを2つ食べた。夜行明け、朝マックの美味さたるや。

f:id:massto0421:20210710091159j:image

腹ごしらえをしたのち松本駅から大糸線に乗り、穂高駅へ向かう。ちょうど通学時間帯と重なったようで、同じ車両に地元の高校生が大勢乗っている。大山脈を背に生まれ育った人たちにとって、山とはどういう存在なのか気になったりした。

f:id:massto0421:20210710090935j:image

穂高駅に到着。いつもなら中房温泉までのバスの運賃を節約するために、一駅先の有明駅で下車し、約5kmほど離れたバス停まで歩くのだが、今回は仕事の疲れを溜め込んでいたので、素直に穂高駅から乗ることにした。同じバスに乗ったのは自分と、50歳くらいの男性の2人のみ。6月下旬といえば、まだ本格的に夏山シーズンは始まっていない為、予想以上に空いていた。バスの運転手さんが1年前に乗ったときと同じ、具志堅用高似の方で嬉しくなった。あいも変わらず華麗なハンドル捌きで、ヘアピン続きの細い峠道をぐんぐん上っていく。天気は曇り予報だったがときおり晴れ間が見え、木漏れ日が差すなか1時間ほどのドライブを楽しんだ。

3度目の北アルプス。未だに楽しみと不安の割合は3:7ぐらいで一向に慣れない。とにかく無事に山行を終えられるよう、一層気を引き締めた。

f:id:massto0421:20210710092637j:image

 

BRM1003近畿200km川西(実走編)(2020/10/03)

始発に乗って川西池田駅までやってきた。約1年ぶりに輪行をしたので輪行袋に入れるのにかなり手間取ってしまった。改札を出て自転車を組み立てていると、後輪のタイヤが大分すり減っていて平らになっていることに気づいた。前日までに確認しとけよという話である。反省。詳しい走行距離は分からないが、タイヤを交換したのがいつだったか覚えてないくらいなので相当走ってると思う。Panaracer category S2という街乗り用のタイヤで1本2500円ほどであるが、パンクをした記憶がなく優秀なタイヤだった。ブルベ中にパンクしないことを祈る。

高専の友人(今後あだ名の“会長”と表記する)と合流し、受付場所の猪名川河川敷ドラゴンランドへ向かう。気温は半袖ジャージで少し肌寒いくらいだが、走る分にはこれくらいが丁度いいだろう。辺りには反射ベストを着たランドヌールの方々がぞろぞろ屯っており異様な光景である。受付を済ませてブルベカードを受け取る。

f:id:massto0421:20210526083218j:imagef:id:massto0421:20210526183016j:image

ここで会社の同期3人、K藤君、T尾君、K出君と合流し計5人で走ることになった。

8:00 猪名川河川敷ドラゴンランド スタート
先ずは箕面方面を目指す。初っ端から登りだがペースは緩々なので気持ちがいい。しかし、いきなりアクシデント発生。会長落車。ダンシング中に前輪が私のマドンの後輪に当たってしまったらしい。チェーン落ちとRDが少し内側に曲がってしまったので修正し再スタート。

9:13 忍頂寺

正直すでにどの辺を走ってるのか把握していなかった。初めて訪れるエリアで地理感に疎く、ナビに頼りながら走る。f:id:massto0421:20210526084800j:imagef:id:massto0421:20210526084842j:image
清阪峠を超えたあたりで少し休憩をとっていると、会長の職場の部長さんとばったり遭遇。「これから先の下りは急だから気をつけてね」と有難い助言をいただき発進。f:id:massto0421:20210526084755j:imagef:id:massto0421:20210526183055j:image

幅の狭い林道を進み、路面もやや荒れ気味になってくる。パンクが怖いなぁとビクビクしながら走っていたら、またもやアクシンデント発生。K藤君パンク。皆で協力してすぐに対応しロスを抑える。無事チューブ交換が終わり再スタート。f:id:massto0421:20210526084852j:image

10:00 中畑回転場

今回ひとつ目の写真ポイント。辺境のバス停に列をなすランドヌールの皆様。なんだこれシュールすぎる画だな。f:id:massto0421:20210526084823j:image

中畑回転場を過ぎてからは長岡京の市街地へと抜けるのだが、この区間でとんでもない激下りが待ち受けていた。おそらく先程、部長さんが仰っていた場所だと思う。それが善峯寺の九十九折。関西でも屈指の激坂だそうで、最大斜度は25%にも及ぶ。絶対に登りたくない。下るだけでも相当危険で、ヘアピンのたびに崖から落ちてしまいそうでヒヤヒヤする。引け腰になりながらスローペースで下った。肩が凝った。f:id:massto0421:20210526091449p:image

11:30 ローソン嵐山谷ケ辻子町店(PC1)

やっと補給できる。PCとなっているコンビニのレシートが実走証明書となるので忘れずに貰う。f:id:massto0421:20210526084803j:image

しばらく市街地を北上し渡月橋方面へ向かうが、信号が多くてなかなか思うように距離を稼げない。交通量も多くてストレスが溜まる。渡月橋はさらに混雑していた。反射ベストを着て自転車に乗るおじさん達の集団は渡月橋に来てからなお一層と浮いていて、道ゆく人々の視線が痛い。まぁそんな反応も楽しかったりする。f:id:massto0421:20210526084733j:image

続いて保津峡へと向かうため奥嵯峨の小道を登っていく。ようやく人混みを抜けられてホッとしていたが、登りの傾斜はだんだんとキツくなり、またもや本格的なヒルクライムが始まった。考えてみればスタートから登りっぱなしのような気がする。若干泣きそうである。走行距離は80kmほどでそろそろ足の疲労感を無視できなくなっていた。f:id:massto0421:20210526084744j:image

なんとか峠を越えたが、かなり脚にきた。同期3人はまだ余裕がありそうだが、会長がやや遅れ気味で辛そうな様子である。しかし時間もあまり余裕が無いので先を急ぐ。保津峡へ下っていると、後方でガシャァァン‼︎ と大きな音がしたので嫌な予感がし、引き返すと会長がコーナーで落車していた。幸いなことに大きな怪我はない様子で大事には至らなかったが、前輪のリムが歪んでしまっていた…。買ったばかりのレーシングゼロらしく、かける言葉が見つからない。とにかく今の状態では再スタート出来ないので会長はここでリタイアとなった。f:id:massto0421:20210526084837j:image

若干、重苦しい空気のなか次の写真ポイントへ急ぐ。保津峡は5年ぶりに来たが景色を楽しむ余裕が無い。下ってからすぐにまた登り始める。私は皆んなの最後尾を走り必死に着いて行った。

13:01 宕陰出張所前f:id:massto0421:20210526084710j:image

ようやく2つ目の写真ポイントに到着。次のPCの関門時間が14:04だが、あと20kmちょっとありかなりシビアになってきた。K出君を先頭にピッチをあげて爆進し始める。幸いなことに道は下り貴重でスピードは上げやすい。ただK出君の引きが容赦なくて着いていくのがやっと。千切れたら最後巻き返す力が残ってないと自覚していたので、何とかくらいつく。半泣きだった。途中、水の無くなったダム湖があって写真を撮る。おいおい時間大丈夫かよ笑
f:id:massto0421:20210526085140j:imagef:id:massto0421:20210526084715j:imagef:id:massto0421:20210526084728j:image

13:52 ファミリーマート北周山町店(PC2)

よほどしんどかったらしく写真が残っていない笑 K出君の先導のおかげで何とか10分前に到着することが出来た。後から聞いた話ではここのPCに間に合わずDNFとなった人たちが割といたらしい。正直ここでリタイアしたかったがそれでは会長に顔向けできないので、とりあえず行けるとこまで行こうと思えた。

幸いこの先は緩い登りがあるものの本格的なヒルクライムは無かった。ローテーションを組み全員で先頭を引きながら次のPCを目指す。

16:00 ローソン京丹波升谷店(PC3)f:id:massto0421:20210526084832j:image

この時点で50分ほどの貯金が出来て、気持ちにかなり余裕ができた。残りの獲得標高も1000m弱でようやく完走が見えてきた。やがて日が落ち始め辺りは暗くなり始める。f:id:massto0421:20210526084720j:image

最後のご褒美なのか、後半はずっとなだらかな下りが続き、道幅も広く走りやすい道が続いた。ブルベは走っていると、コース設定をした主催者の意図が見え隠れして面白い。これまで走ってきた道を振り返っても、誰が通るねん、と思うような林道や、善峯寺の劇下り、音を上げたくなるような登りの連続など、非常にバリエーションに富んでいて、ランドヌールに楽しんで欲しいという主催者の願いが汲み取れた。そして最後のこの下り。お疲れ様ですと言わんばかりの労いの道である。f:id:massto0421:20210526084724j:image

19:24 セブンイレブン川西矢問3丁目店(ゴール)

タイムは11時間24分。制限時間は14時間なので余裕があるように感じるかもしれないが、終始仲間と走っていてこのタイムなので、もし1人で走るとなると危なかったかもしれない。というかPC2で関門に間に合わず完走できなかった可能性が高い。改めて一緒に走ってくれたメンバーに感謝である。そして次こそは、会長も一緒に完走を果たしたい。それにしても、コンビニでゴールを迎えるというのはなんとも不思議な気分である。f:id:massto0421:20210526084847j:image

完走の記録をする為に、スタートのドラゴンランドへ。ブルベカードやレシート等と引き換えに完走メダルを頂いた!メダルを貰うのとか、小学校の卓球大会以来だよ笑

近くの温泉で疲れを癒やし、激動の11時間24分を振り返りながら帰路についた。f:id:massto0421:20210526084819j:imagef:id:massto0421:20210526084828j:imagef:id:massto0421:20210526084808j:imagef:id:massto0421:20210526184007j:image

BRM1003近畿200km川西(準備編)(2020/10/03)

高専に在学していたころは自転車競技部に所属しており、シマノ鈴鹿ロードレース、はりちゅうエンデューロ、堺浜クリテリウムといった市民レースでの入賞を目標に練習してきたわけだが、5年間の活動を経て分かったことは、どうも私はレースに向いていないらしいということだ。

レースでの集団走行のスピードは軽く50km/hを越え、市民レースといえども下りとなれば時に70km/h近くに達する。自動車ほどの速度が出るにも関わらず、選手が身につけている防具といえばヘルメットのみで、サイクルジャージは防御力という点でみれば裸に等しい。集団内では、周りの選手の自転車に接触しないように、酸欠気味な中、神経を尖らせながらロードバイクを操らなければならない。しかし自分がいくら気をつけていても、近くの誰かが落車すればひとたび巻き込まれてしまう。私は幸い集団落車に巻き込まれた事はないが、レース中にたびたび目撃した事はある。コース上で呻く選手たちと、ウン十万もする高額な機材が無残哀れな姿になっている様はまさに地獄絵図である。こりゃ命がいくつあっても足りないし、はたまた金も足りないなとその時思った。

ただしこれはあくまで私の主観であり自転車競技を否定したい訳ではない。レースでしか得られない高揚感や人と競い合う楽しさも勿論あって、私もそれを感じる事は多々あった。しかしその楽しさとリスクを天秤にかけた時、私の中ではどうしてもリスクの方が重くなってしまった。

その点、ブルベは50〜100人程度の少人数で出走し、他人と競うわけでもなく定められたコースを制限時間内に走ればよいため、レースと比較すれば平和的な競技と言えるだろう。マイペースな性格上、ブルベという競技が自分に合っていると前々から確信しており、早く出走できる年齢になることを待ち侘びていた。ようやくその時が来たわけである。

初めてブルベに参加するので、まずは最も距離が短い200kmのコースを選ぶことにした。あとは都合のいい日程と、なるべく近場という条件で調べたところ、兵庫県川西市を起点にした「BRM1003近畿200km川西」が良さげだった。

高専の友人がブルベに興味を持っていたので誘うことにした。彼は社会人になってから、会社のサイクリング同好会、通称“ダム部”で各地のダム巡りをしているらしい。サイクリングとダム、どちらに重きを置いてる同好会なのか謎であるがユーモアがあって面白い。あと会社の同期にブルベに出る話をしたら、こちらも興味を持ったようで3人出ることになった。

ブルベに参加するにあたり、色々と準備しなければならない。数年前に買った 鈴木裕和『ブルベのすべて』を引っ張り出し、必要な装備を揃えていく。本書は約350Pに及び、鈍器になりそうな分厚さから察せるとおり情報量が半端ない。これからブルベへの参加を考えている方は必読である。f:id:massto0421:20210526061245j:image

準備物として、まずはGPSサイクルコンピュータ。ナビ機能付き、稼働時間24時間以上を条件に探し、Bryton Rider420 を購入した。GPSサイコンのナビ機能は、マップそのものが表示されるタイプと、あらかじめ取り込んでいたルートが線状に表示されるタイプの2通りあるが、前者は稼働時間が短く高価であるため、やめておいた。f:id:massto0421:20210218142801j:image

サイコンと合わせてレックマウントも購入。サイコンに付属されているマウントはステムの真上、もしくはハンドルバーに取り付けるタイプだったが、ハンドル周りがごちゃつくのが嫌だったので追加で別途購入した。サイコンの真下にCATEYEのフロントライトを取り付けられる仕様になっている。f:id:massto0421:20210526062815j:image

次に用意したのが反射ベスト。ブルベでは夜間も走行するため反射ベストを常時着用しなければならない。ランドヌールの象徴とも言える。自転車とサイクルジャージのカラーに合わせたかったのでオレンジ色のものを選んだ。職業柄ついつい「ご安全に!」と言いたくなる。f:id:massto0421:20210218142828j:image

3,400km以上になると必要な装備もまた増えるが、今回は200kmなので日帰りの装備とそこまで変更点は無かった。

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町(2021/04/17)

f:id:massto0421:20210120234504j:image

実家のある本山の町内からは、どこにいても保久良山の鳥居と石灯籠がよく見える。少し開けた山の中腹にそれらは建っており、昼夜を問わずいつでも麓の町を静かに見守っていた。

保久良山は子供達にとって格好の遊び場だった。小学生の頃は友人とよく秘密基地を作りに登ったものだ。山と言っても標高は185mで、小学生の足でも学校から30分も歩けば頂上に着いた。この学校というのが、作家の中島らもと同じ本山第一小学校である。同校出身の彼のエッセイ『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』には、保久良山にまつわるエピソードが書かれている。

本山第一小学校に通っていたころは、体育の時間によくこの山に登らされた。ほいっ、ほいっと、と頂上まで行って、てっぺんにある神社の境内でひとやすみしてから、上りとはうってかわって楽な下り道をおりていく。学校に着いて、それでちょうど50分という行程である。

休みの日にはこの保久良山から尾根づたいの金鳥山へ出、さらにその奥へ分け入って「水晶狩り」をした。

小学6年生の春、担任の提案でHRの時間に保久良山へ登りに行ったことがある。そして頂上から学校のある町に向かって大声で自己紹介をした。とてもユニークで人情深い先生だった。

らもが「水晶狩り」をした場所は風吹岩のことである。そう言い切れる理由は、私もまったく同じ事をしていたからだ。風吹岩と呼ばれる場所には花崗岩の塊が剥き出しになっていて、その隙間にキラッと光る石英があったのだ。それを道中で拾った石などでほじくりだしては、石英の美しさや大きさなどで友人と競い合っていた。

らものエッセイを初めて読んだ時、やる事なすこと全てが同じで思わず笑ってしまった。どうやら半世紀近く歳が離れていても、その町の子どもの遊びは変わらないようである。

また、らもは自身の灘高時代についてこのようなことを書いている。

僕はよく昼から学校をサボって一人で保久良山に登った。山頂から街をながめていると全ては事もなく平和そうで、さきゆきの不安にさいなまれている僕とは無縁のいとなみを続けているように見えた。

これも非常に共感できる話だった。保久良山は海や町から非常に近い。そのため阪急電車やJR、高速道路を走る自動車、大阪湾を行き交う船などが、忙しなく動いている様が見てとれる。それらを眺めていると、自分が悩んでる間にも世界は平常通り回っていて、自身の存在感がとても小さなものに思えてくるのだった。

ややこしい年齢になると必然と悩みも増えてくる。悩みの増加と比例するように、保久良山に登る頻度も増えていった。そして頂上からの景色を眺めて自身を俯瞰することで、悩みは解決しないにしても「まぁ何でもええわ。」と一旦リセットすることが出来た。

大半は一人で登っていたが、友人と登ることもしばしばあった。それは決まっていつも、本山周辺で一緒に晩ご飯を食べた後だった。真っ暗な坂道を腹ごなしに登っていると時折、暗闇の中でイノシシが走り去る音が聞こえたりもした。頂上に着くと、近況や将来のことについて小一時間ほど喋るのがいつものパターンである。不思議なもので、保久良山にいると何でも明け透けなく話すことができた。もちろん友人の素晴らしい人徳によるところが大きいのだが、保久良山という場がもたらす影響もあったと思う。

古来より航海の目印とされてきた保久良山の灘の一つ火は、私にとっても、この先の長い道のりを照らし続ける導灯となってくれるだろう。

f:id:massto0421:20210120235458j:image

 

OSJ新城トレイル32K (2021/03/28)

先週3/20,21に開催された六甲縦走キャノンボールランは、全山縦走を1.5往復するレインボーの部にエントリーしたのだが、体調と足の状態が優れず20km走っただけでリタイアしてしまった。あの豪雨の中、片道を完走しただけでも脱帽ものである。やはり六甲山は変態の巣窟である。

リタイアした理由はもう一つあって、まさしく今日開催された「OSJ新城トレイル」の32Kにエントリーしていたから。エントリー代、交通費、宿泊費など、それなりにお金をかけてるので、なんとか完走したい思いもあり、大事をとってキャノンボールはリタイアさせてもらった。雨の中ボランティアでエイドを出していただいた皆様、コロナ禍の中でもレースを開催していただいた運営の皆様に感謝です。

 

OSJ新城トレイルに参加するのは初めてなので、色々と勝手が分からない。なのでこの記事が、2022年大会で初めて参加される方の参考になればと思う。

3/27(土)夜勤を終えて8:00に会社を出る。そのままレースの準備を持って最寄り駅まで。今回は18きっぷを使うのでJRの在来線です。10:00大阪発に乗車。豊橋で途中下車して、新城出身の友人に教えてもらった「スパゲッ亭」のあんかけスパを食べた。それからまた飯田線に乗り換えて15:51にレース会場最寄り駅の三河槙原に到着。駅から会場までは徒歩10分くらい。ハガキを見せて受付完了。

f:id:massto0421:20210328192803j:image

宿は会場になっている「モリトピア愛知」にしたのでそのまま直行。新城トレイルの出場選手は大広間にも泊まれるため最安2500円で泊まれる。ただし同じ空間に8人いるのでコロナ禍の状況ではあまりお勧めしない。浴場無料、バスタオル貸出100円、歯ブラシセット50円。自販機あり。夕食は3500円と言われたので流石に手が出せず素泊まりにした。

で、問題の夕食だが、温かいものを食べたいので飲食店探すことに。三河槙原駅の二つ手前「三河大野駅」の近くに「天賜食堂」という台湾料理屋さんがあって、近辺の飲食店で唯一、夜まで営業してるのでそこに行くことにした。モリトピア愛知から5kmとちょっとなので、ウォーミングアップも兼ねてジョギングで。レバニラ定食美味しかったです。メニューも豊富でGOODでした。

f:id:massto0421:20210328192832j:imagef:id:massto0421:20210328192838j:image

近くにファミマがあるので朝ごはんや補給食の買い出しを。たぶん会場から一番近いコンビニ。18時ごろに行ったけど、おにぎりラスト2つだった。水2リットルは売り切れてた。プロテインバーの種類豊富なのが嬉しい。

電車で三河槙原に戻る。本数少ないので注意。

モリトピア愛知に戻ったらレースの支度。大広間だともう寝てる人がいるので、うるさくないように荷物を外に出して支度すると良いです。

風呂に入って22:00就寝。

 

3/28(日)5:30起床。歯磨いておにぎり2つ食べて、レースのザック荷物確認とその他荷物を整理。6:30にモリトピア愛知ー三河槙原駅でストレッチ&ジョギング。三河槙原駅のトイレ空いてたので用を足す。会場は混むけどここなら落ち着いて用を足せるw

6:45  64Kが7:00スタートなので見物。TJAR選手の石田さん、福山さんを発見。エントリーリストには阪田さん、江口さんの名前もあったが見つけられず。司会に望月さん登場。テレビで見た顔が目の前にあってテンション上がる。スカイラン覇者の上田瑠偉選手は列の先頭に。バランスの取れた体つきでアスリートのオーラがすごい。カッコ良かった。

f:id:massto0421:20210328192937j:image

さて1時間後に私の出場する32Kが始まる。昨日コンビニで買ったミニアンパン3つ食べて、トイレ行って、も一回装備確認。必携装備の中に雨具とあるが、レインパンツも含まれてるのか気になった。念のため持っていったけど必要ない感じやった。そもそも持ち物チェックなかった。(だからといって必携装備持たないとかなしですが。)レースに必要ない荷物は運営さんに預かってもらえる。

7:30 ゲート前に並ぶ。この時間に並んで全体の1/3くらいに位置取れる。割り込み奴がいるので(腹立つ💢)タイム狙いたい方はなるべく前にいた方が良いです。

f:id:massto0421:20210328193037j:image

8:00 32Kスタート。先頭集団はキロ3:50くらいで突っ込んでいく。私は4:15くらいで。1.5キロ先の登山道まで突っ込まないと渋滞が発生する。半分より後は15分ほど立ち往生すると司会の方が言っていた。なのでしんどくてもここは我慢して突っ込む。登山道に着いた時点で上位30%くらい?かな。渋滞が起きるものの立ち往生は免れた。この渋滞で休憩できるのでありがたい。

f:id:massto0421:20210328193106j:image

登り始めから九十九折の急登。六甲山の七曲を登ってる感じ。無心で前に付いていって、9:45第一エイドに到着。ここで10km。このペースを保てば5時間15分でゴールできるが、かなり無理したのでペースダウン。宇連山へ向かう。なんかもうずっと急登でほんましんどい。ふくらはぎ既にパンパン。六甲山で例えるなら…いや難しいな。七曲の階段なしver.がずっと続く感じ。

f:id:massto0421:20210328193201j:image

「はよ帰りて〜」とずっと思いながらなんとか宇連山に到着。時刻は11:30。ここから第二エイドまで、同じアルトラのローンピークはいたお兄さんと一緒に下る。

兄「もういつ攣ってもおかしくないですわ〜w」

私「めっちゃ分かりますw下りとかもうスピード出せないですよ。」

兄「そういやこの辺ていまコース全体のどの辺かな。初めてやから分からなくて。」

私「僕も初めてです〜。宇連山過ぎたからもう2/3くらい走ってるんちゃいますかね?」

↑すいません、後から分かったけど真っ赤な嘘でした。実際は半分くらいです。「全然ゴールつかへんやん。あいつ何適当なこと言うてんねん」って思ったやろなぁ笑 ほんますいません。

第二エイド到着。写真撮るの忘れてて何時に着いたか分からない。さっきのお兄さんと別れる。水補給して出発。で、事件発生。出発してすぐ、大きめの石を飛び越えようと思ったら左内腿が攣る。はりちゅうエンデューロの悪夢が脳裏を掠める。しばらく悶絶してたら続々とランナーがやってくる。

私「邪魔してすんません、攣っちゃって、、」

ラ1「焦らんと落ち着いてー、行ける行ける!」

ラ2「僕もさっき攣ったわー、頑張ろう!」

ラ3「大丈夫ですかー?あ、やば、私も攣ったわ」

これを機に1人、また1人とやってきたランナーが攣り始める。自分が見た中で合計6人が同じ場所で攣るというハプニングw もう笑うしかない。ずっと下ってきて、いきなり石飛び越えようと足上げるから攣るんやろなぁ。でも皆さんが攣ったおかげで悶絶してる間も心が和やかになれたのでよかった。声かけて励ましてくれたランナーさん、一緒に攣ってくれたランナーさんに感謝です。ありがとうございました!笑

その後15分ほど足ほぐしてようやく動けるようになった。攣った瞬間はリタイアも考えたけど、攣りながらも走ってるランナーさん何人もおったし、新城まで来てゴールできないのも情けない話なので、完走だけを目指して歩いた。

下りも上りも走れずで満身創痍。後続にどんどん抜かされてやり切れない。

最終関門あたりで雨が強まる。レインウェア着る。残り5キロあたりで遠くの方から声が聞こえてきて、会場もう近いんかなーと思ったけど、それは残り3キロ地点で応援されてた方の地声だった。声量すごくてめちゃくちゃ元気出ました。雨の中でも応援ほんとに有難いです。

残り2キロ、にも関わらずまだ登る。普通残り2キロは下りだけでしょ…やっぱこのコース鬼です。

15:01 ゴール。タイムは7時間1分。まあ今回は完走できただけでもヨシとしよう!それにしても日本一キツいトレイルレースと謳われるだけのことはある。キツすぎて終始半泣きでした。もう二度と出ん!(フラグ

f:id:massto0421:20210328193906j:imagef:id:massto0421:20210328194708j:image

ゴールした余韻に浸る暇もなく急いで帰る準備を。16:09三河槙原発の電車に乗らないかん。モリトピア愛知は日帰り入浴やってるからシャワーだけでも、と思っていってみると入場制限の文字。泣。トイレで着替えて、支度をして、新城の山にお別れを告げた。

最後に、コロナ禍の中でも対策をとってレースを開催していただいた運営の皆様方に感謝申し上げます。