自転車で山、海へ行く

山、海、街、自転車、船、本のこと

UW1 下関の思い出(2020/08/10)

f:id:massto0421:20201104222641j:image

朝目を覚ますと知らない天井があって、「ここどこ…」と起き抜けの頭で3秒ほど思考を巡らし、旅行していることを思い出すあの一連の流れが好きです。

昨日は昼過ぎに広島駅を出発しさらに西へ。やってきたのは本州最西端の街、下関です。

f:id:massto0421:20201104071647j:image

下関を訪れるのはこれで3度目。1度目は一昨年にインターンシップで1週間ほど滞在し、2度目は以前ブログにも書いた秋吉台へ行ったとき「秋吉台リハビリトレイル(2020/07/11) - 自転車で山、海へ行く」(このときは10日間滞在)、そして今回が3度目になります。神戸と堺以外で滞在歴が最も長いのは下関で、そのせいか“訪れた”というよりも“帰ってきた”という感覚の方が強いです。ただいまと言えばおかえりと返してくれそうなこの街が私はすごく好きなのです。

初めて下関を訪れた時のこと。駅を出るとほのかな潮の香り。鮮やかなコバルトブルーをした海と、やけに広く感じられる空が印象的でした。激しく潮が流れる関門海峡を大小の船舶が忙しなく行き交っていて、その様子をぼんやり眺めていると、海をまたいで世界が繋がっているということに改めて気付かされたりもします。唐戸市場は新鮮な水産物を求める人々で活気立ち、この街が海を中心に回っていることをどこに居ても実感しました。

f:id:massto0421:20201104190811j:imagef:id:massto0421:20201104191007j:image

19時ごろ下関駅に着き、夜の海辺を歩いて今夜宿泊するゲストハウス「uzuhouse」へと向かいます。唐戸にあるuzuhouseは5階建ての雑居ビルで、1階は受付、2階はカフェ、3,4,5階が宿泊施設になっています。実は一昨年もuzuhouseに訪れており、その時は宿泊ではなく電動アシスト自転車をレンタルして、半日ほど下関と門司を観光していました。いつかロードバイクでも関門海峡付近をサイクリングしてみたいものです。

f:id:massto0421:20201104191935j:image

チェックインを済ませてベッドに入り眠りにつきます。前日は呉のネットカフェで寝たため、柔らかい布団がとても快適でぐっすり眠れました。

朝になり知らない天井に戸惑いながらも少しづつ意識を戻していく。uzuhouseに泊まる上で最も楽しみにしていたのが屋上テラスからの関門海峡の景色。昨晩寝る前に屋上へ出てみたのですが真っ暗で何も見えませんでした笑 朝ならきっと海が綺麗に見えるだろうと期待を膨らませて屋上へ向かいます。

f:id:massto0421:20201104200507j:imagef:id:massto0421:20201104191918j:imagef:id:massto0421:20201104191939j:imagef:id:massto0421:20201104191913j:image

・・・期待以上の絶景を前にしばし言葉を失いました。こんなにも朝らしい朝は初めてです。下関にきて良かった、ありがとう。

朝ごはんは2階のカフェでチーズケーキと夏みかんジュースを注文。GoToトラベルの地域共通クーポンを使わしてもらいました。甘いものを食べるといつでも幸せな気持ちに満たされる。

f:id:massto0421:20201104204911j:image

uzuhouseを出てから、この旅最後の目的を果たし下関を後にします。ものすごく個人的な用事なのでここでは割愛させていただきます笑

阪九フェリーで新門司港から泉大津港へと帰ります。いい旅だった。呉の街に、広島の街に、下関の街に、UW1。

f:id:massto0421:20201104204900j:imagef:id:massto0421:20201104204850j:imagef:id:massto0421:20201104204921j:imagef:id:massto0421:20201104204855j:imagef:id:massto0421:20201104204906j:imagef:id:massto0421:20201104204844j:image

 

わたし的 関門海峡おすすめスポット

  • 火の山公園

火の山公園からは関門海峡が一望できます。船が行き交う様子をタイムラプスで撮ると面白いよ。私は2回訪れましたが2回とも雨でした。折りたたみ傘が必携です。f:id:massto0421:20201104213117j:image

  • わかさ食堂

下関駅から電車で約20分の小月駅。そこから歩いて1分もかからない所にある「わかさ食堂」は地元民に愛される町のご飯屋さん。ホルモンライスが絶品で、地球最後の日に食べたい料理の選択肢の一つに入る。ほんまに。f:id:massto0421:20201104213406j:image

  • KANMON U.W.

大丸下関店6Fにあるお店。北前船をコンセプトにしており、下関と北九州はもちろん、北前船が寄港した全国各地の特産品を取り扱っています。こちらで販売してる“UW”(国際信号旗において、安全な航海を祈るという意味)のロゴ入りTシャツが船好きにはたまらないです。売り場の一角にはTeam UKYOのチームバイクが置かれてました。f:id:massto0421:20201104213603j:image

  • uzuhouse

本編にも出てきたカフェ兼ゲストハウス。レンタサイクルもされてます。1日800円(1時間200円)f:id:massto0421:20201104213729j:image

本州と九州をつなぐ海底トンネル。地元民のランニングやウォーキングの定番コースになっているようです。神戸市民ならお馴染みの国道2号線でもあります。f:id:massto0421:20201104213831j:image

出張中、仕事帰りにみんなで「千と千尋の神隠し」を観に行きました。貸切でした。

海鮮丼がめちゃくちゃでかい。鯨の唐揚げが美味しかった!f:id:massto0421:20201104214013j:image

  • 下関漁港閘門

おすすめとは言いながらも、行っても面白くはないと思います笑 一部の極少数派には楽しめるかも。ちなみに私は面白くなかったです。f:id:massto0421:20201104214226j:image

  • 旧下関英国領事館

タブレットで建物の外観や下関の街の変還などがCGグラフィックで見れます。ピーターラビットのショップがあります。f:id:massto0421:20201104214828j:image

  • 下関導灯

ブラタモリでも登場した下関導灯。狭い海峡を安全に航行できるように365日24時間灯り続ける働き者。f:id:massto0421:20201104214954j:image

JR九州の起点駅。バナナの叩き売り発祥の地です。お土産にバナナようかんを買って帰りましたが、なかなか好評でした。重要文化財に登録されている駅舎は一見の価値あり。f:id:massto0421:20201104215202j:image

門司港発のフェリーで帰る前に必ず立ち寄ります。構内アナウンスと人の雑踏を聴きながら食べる博多ラーメンの旨さたるや。素ラーメン400円。f:id:massto0421:20201104215240j:image

日清戦争終結させるべく清国から来日した全権大使 李鴻章の名にちなんだ小径。建物や木々の隙間から時折海が見えるのがいい、すごくいい。f:id:massto0421:20201104224456j:image